icnbuys

Just another WordPress site

  • 太極拳

    太極拳


    太極拳は中国伝統的な儒学と道教の哲学を運用して、太極、陰陽弁証法的という理念を核心、中国の非物質文化遺産と認められている。性情休養、健康長寿、対抗技撃などを一体とされたものです。易学の陰陽五行思想や、中医経路学、古代の引導術、吐納法と呼ばれる呼吸法などを取り入れて編み出した内外兼修、柔軟、緩慢、軽くて、剛柔兼備の漢族伝統拳術である。

    太極拳
    1949年から、編集委員等によって競技・表演用に整理された太極拳や、健康体操などとなりました。改革開放後、その中の一部は本来の形態に戻りできましたので、武術試合用の太極拳、体操用の太極操、太極推手に分かれていた。よく見られたのは陳家、楊式、武式、呉式、孫式、和式などですが、伝統的な太極拳は色々な門派があります。各派はお互いに参照し、伝承的な関係もあれば、それぞれの特徴もあって、百花斉放といっても過言ではない状態です。太極拳は現代発展してきた拳種だから、流派が多くて、群衆基盤も広いし、中国武術拳種の中で、なかなか生命力を持っている一支である。

    1、拳種の紹介


    太極拳は漢族弁証法的な理論思想と武術、芸術、引導術、中医などの完璧な結合である。中国伝統的な儒学と道教の哲学の太極、陰陽弁証法理念を核心の思想として、性情休養、トレーニング、対抗技撃などの効用を一体にしたハイレベルの人体文化である。東方包容理念を込めた運動形式として、練習者は意、気、形、神に対しての鍛えと人体が生理と心理への要求はぴったりであり、人間の心身健康及び群体的な調和に極めて重要な促進作用がある。

    源流

    太極拳は中国伝統的な特色元素を込めた漢族文化形態である。

    17世紀の半ば、河南省温県陳家溝に住んでいた陳王廷は家伝拳法の上、様々な武術の要素を組み合わせ、易学、中医などの思想を融合し、陰陽開閉、剛柔兼備、内外兼修の新拳法を編出して、『太極拳』と命名した。

    太極拳は陳家溝で世代伝承され、陳氏14世・陳長興からはじめて発信した。それから楊式、武式、呉式、孫式、和式など様々な門派が生み出した。

    377adab44aed2e739dcd4a6e8601a18b87d6fa48_副本

    太極は中国古代の最も特色と代表性のある哲学思想の一つである。太極拳は太極陰陽の理念を基づき、意念で全身を統領、静かな状態に入り、リラックスして、意で気を呼び出し、気で形を催した反複練習を通し、妙手一運一太極、太極一運無になる境界に入り、精神休養、性情陶冶、トレーニング、長寿延年といた目的に達する。

    太極拳の基本内容は太極養生理論、太極拳拳術套路、太極拳機械套路、太極推手及び太極拳補助訓練法などが含められた。その拳術套路に見た目の動作が比較的大きい大架式と見た目の動作が比較的小さい小架式の2つのスタイルがあり、その大架式と小架式はまたそれぞれ一路と二路に分かれている。機械套路には単刀、双刀、単剣、双剣、単鐧、双鐧、銃、大棒と靑龍偃月刀などがあります。

    太極拳の特徴

    太極拳が含蓄、柔軟で延々と続く動き、柔をもって剛を制し、激しい動作と緩やかな動作との交互、行雲流水な動きといった特徴を持った拳術スタイルは練習者の意、気、形、神を円滑に一体とし、武徳修養に対しての要求も練習者の体質を強化すると共に、自身素養も上がてきて、人間と自然、人間と社会の融合・調和も一層上がります。

    太極拳の基本内容は太極養生理論、太極拳拳術套路、太極拳機械套路、太極推手及び太極拳補助訓練法などがあります。その拳術套路に見た目の動作が比較的大きい大架式と見た目の動作が比較的小さい小架式の2つのスタイルがあり、その大架式と小架式はまたそれぞれ一路と二路に分かれている。機械套路には単刀、双刀、単剣、双剣、単鐧、双鐧、銃、大棒と靑龍偃月刀などがあります。

    太極拳は中華民族の武術至宝として、世界各地の人々に広く推奨・尊重しています。20世紀80年代から、各級政府及び広大な民衆、太極拳という古い文化体系の保護意識が日々に強化していくと共に、各政府は保護措置を相次いて制定し、太極文化を核心、各地で前後11回の国際太極拳交流大会を催しました。伝承者も民間伝承組織も太極拳の普及のために一層力を入れました。2006年5月、太極拳は第一陣の国家非物質文化遺産と中国政府は宣告しました。

    W1

    太極拳は次第に各人種、民族、言語及び国家を繋がる文化の絆となり、中国文化の対外交流・普及の重要な媒体となった際、太極拳文化を一層に伝承・普及のため、武当山の鐘雲龍、陳師行などの道長が相次いて武当武術伝統訓練クラスを開いました。21世紀から、多くの海外の人々が武当武術と太極文化を習うために武当へ来ています。武当へきて太極文化を探す人々に完善的、中心的な場所を提供できるように、彼らはまた新しい太極館の建設に取り込んでいます。

    2、歴史


    河洛文化

    黄河は中国では2番目に大きく、世界では5番目の長さである。中国の歴史では、「母親河」と呼ばれた黄河及びその周辺流域は人類の文明に巨大な影響を与え、漢族の最も重要な発祥地である。

    洛河は中国の歴史では重要な地位に占めている。まず「河図洛書」は古代の文字と緊密に繋がて、未開・無知の社会を文明の道へ推し進めた。

    洛河と黄河の合流は自然現象です。洛河の水が澄んでいるのに対して、黄河の水が濁っている。両河の合流で巨大な清濁分明、相互融合変換の渦が形成されました。

    ここは河出図、洛出書の所だけじゃなくて、伏羲が太極を悟り、八卦の絵を作成したところでもあったという伝説がある。『易传・系辞』では「河出図、洛出書、聖人がこれを則る」という記載がある。漢族人の人文始祖である伏羲が黄河と洛河の合流を見て、「河図」、「洛書」によって、霊感が溢れて、『易経』を作成できて、太極文化が生み出したことから、「天下の太極は河洛に生み出す」と古代から伝えられた。

    ずっと昔から、黄河と洛河が合流した所はいつでも太極文化の血が流れていて、河洛文化の脈を繋げ、中原文化の元を結び、中華文化の魂を含んでいる。漢族の文化の元といっても過言ではない。歴史の記載よって:黄帝、帝尭、夏禹、商汤などの帝王が即位する時、ここに玉を落ち、天を祭るものです。

    loadImage

    黄河と洛河が合流する所においた温県は、河洛文化の核心区である。

    温県は人類活動の最初の集積地の一つであり、境内に遺存された仰韶文化遺跡と龍山文化遺跡が数十箇所があります。夏の時代に温国と呼ばれていたが、商の第十四代の王、祖乙が都を温地の邢へ移し、隆盛になった。周の初期、大司寇あるの忿生が国を成立し、温を国の冠とした。『盐铁論』の記載によると、「戦国の末期、秦漢のはじめに温県はもう海内で一番隆盛な天下名都になった」。

    傑出した人物が出てその土地が有名になるということで、温県も有名になった。温県の南は邙山があって、黄河を天然の障壁とし、北には太行を天険、晋、冀、魯、豫の交通の要路であり、地理位置はとても優越である。焦作の黄河公路大橋は連霍の高速道路と繋がって、焦温高速は南北を貫通し、他の道路も四方八方通じている。国家の重点工程西気東輸と南水北調は温県境内を通じ、鄭州、洛陽、焦作三市からそれぞれ約40-60キロで、南は黄河、北は沁水、東は武陟県、西は孟州市、西北は沁陽と接し、黄河と沁河の沖積平野である。

    温県は物が豊かで天候も良い。総面積は462平方キロメートル、十個の郷、262個の行政村を管轄し、総人口は44.6万人です。温県は北緯34°52′-35°02′で、東経は112°51′-113°13′に位置し、牛膝土地も肥沃で、種々の農作物がよく植える。年平均温度は14.3℃であり、牛膝部は平たい平野です。温県の農業は非常に発達し、小麦とトウモロコシが盛んでいて、四大懐薬(懐山薬、懐地黄、懐菊花、懐牛膝)の原産地でもある。

    武術の故郷

    陳家溝は河南省温県の東からろくキロの清風嶺中段に位置しています。村の南と黄河を越して向かい合っているは虎牢関、伏羲台、黄河と洛河の合流する所などがあります。陳家溝の西北近くのところに道教聖地の陽落山「二仙廟」があって、西南から百キロのところ少林寺があります。道教・仏教・儒教の文化はここに集まるによって、中華文明の発展を推進する重厚な中原文化が生まれました。

    明朝のはじめ、陳家溝陳氏の祖先陳卜が家伝武術を持って、山西からここに移民した。ここは溝と谷が縦横していて、兵と強盗もよく出沒して、庶民を騒擾していた。村を守るために、陳家溝の人々は武学社を成立して、武術を学ぶことも風潮になった。独特な人文地理環境と重厚な漢族伝統文化は陳王廷が編出した陳氏太極拳に大きな影響を与えました。

    明朝万歴年間二十八年に生まれた陳家溝陳氏第九代、陳王廷(字奏廷、1600~1680)は明の武庠生とともに、清の文庠生でもある。彼の祖父陳思貴は陝西狄道県(今の甘粛临洮県)の典史で、父陳抚民は征士郎を担任していた。二人とも武術に夢中になっていた。

    陳王廷は子供の頃から勉強家でした。昼は武術を練習し、夜は文学を勉強していた。家学の真伝を引き受けて抜群するとともに、諸子百家を熟読、とても博学でした。文武兼備、拳術を精通し、抜群の軽功を身につけていた。陳王廷は若い時山東一帯で走镖(古代用語、荷物を護送すること)、匪賊を掃討したから、匪賊たちが陳王廷の名を聞くだけで胆をつぶしました。晩年の陳王廷は郷里に隠居、『黄庭経』と伴い、易学を研究し、民間武術を収集して整理していた。かれは太極をもって、中国伝統的な「天人一体」という思想と陰陽相克の理念を従って、家伝武術の上に様々な武術の要素と自分が一生をかけて悟った武術を組み合わせ、中医経絡学と道家吐納法を一体に融合し、緩急の激しい鋭い動作、陰陽交互、変化の激しい武術拳種――太極拳を編出しました。

    陈家沟

    陳王廷が伝授してきたのは五路拳、五路捶、108式長拳、双人推手などの太極拳套路がありますが、徒手の応用として、太極刀、太極剣、太極棍、槍、锏、双人黏槍など武器術の套路も伝承されている。その中で双人推手と双人黏槍が空前の独特スタイルです。

    趙堡镇に来ると、太極文化の聖地に歩みくるような感じがします。ここに人々に尊敬されている太極拳歴代模範たる師匠の記念館もあれば、国内海外に有名な中国太極拳博物館もあります。

    1982年、太極拳の影響で、国務院が温県を「甲級対外開放県」と認定しました。1992年11月、国家体育委員会は温県を全国第一陣の「武術の故郷」と命名しました。2006年5月20日、国務院は太極拳を第一陣国家級非物質文化遺産と認めました。2007年6月2日、中国民間文芸家協会は温県を「中国太極拳発祥地」と命名し、温県で「中国太極拳文化研究基地」を建立しました。2007年7月31日、中国武術協会は温県を「中国武術太極拳発祥地」と名付けました。2008年8月20日、中国政府は連合国に太極拳を人類非物質文化遺産の申報を取り組みました。2010年4月、温県は世界華僑華人サークル、中華文化促進会及び国際レジャー経済促進会に「中国十大文化レジャー観光県」という栄誉名称を授けました。2011年9月、温県は河南省の登封及び河北書の滄洲と一緒に、「世界中のネットユーザーで最も注目された中国武術の故郷」と選べましたとともに、温県はその中の一位に登りました。

    流派

    河南省温県の陳家溝で発祥した太極拳は東方文化の宝物です。明朝の末期~清朝の初期、陳王廷が研究編集した中華武術領域の不思議な傑作です。それから太極拳は陳家溝陳氏家族で百年あまりの伝承を経ってきました。陳氏十四世の陳長興(字雲亭、1771~1853)と陳有本(字道生、1780~1858)の時、二人が太極拳を簡約して、それぞれ太極拳大架一路、二路と太極拳小架一路、二路を編集しました。陳長興が理論的に太極拳を総括、『太極拳十大要論』、『太極拳用武要言』『太極拳戦闘篇』などを編出しました。

     

     

  • Hello world!

    WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

2の商品